FXが副業にピッタリな理由は?

FXは空いている時間のトレードが楽にできる、口座などを簡単に作ることができるなどの理由から、副業に利用する人が多いといわれるようです。副業にぴったりといわれる理由は他にもあります。この理由やリスクなどを確認しましょう。


・FXは証拠金を大きくできるレバレッジで利益が大きく

FXでは株式投資と違い、自分の持っている証拠金にてこの原理を働かせて、25倍を上限として、証拠金以上に大きなお金を動かすことを許可しています。その分利益を大きく狙うことは可能となる反面、マイナスもこのレバレッジ分がかかりますから、リスクはハイリスクになりますが、その分だけ、副業でもしっかりとした金額を得ることのできる可能性もあるということが大きいそうです。ただし、証拠金は少なすぎると、強制ロスカットなどのリスクにつながります。


・生活スタイルに合わせた投資ができる

株式投資は時間が決まっていますが、FXではバーチャル市場が世界を転々とまわっていることから、24時間トレードに参加することができます。マーケットが24時間開いているので、不規則な勤務を行っているなど、自分の生活スタイルに合わせて、無理ない投資ができるというのも、大きいようです。中には専業主婦など外には働きに出ることができないという人も、自宅で副業として収入につなげているそうです。

Posted in FX レバレッジ | コメントは受け付けていません。

FXのレバレッジ設定はトレード期間と反比例

FXでは、証拠金が最初は少なくてもトレードができるということから、副業などで開始しやすい投資として親しまれているそうです。これは、証拠金にてこの原理を応用したシステムを適用することで、最大で25倍の金額のトレードができるのです。


FXのトレード期間でレバレッジを決める

レバレッジは2011年に最大で25倍まで、という上限を国が制定しました。それでも25倍というのは10万円が250万円分の外貨を動かせるという数字になりますから、非常に大きいものといえるでしょう。これは利益だけでなく、損が出た場合にも25倍となりますから、トレード期間や自分がFX売買を行なう時間でも、設定は変わるそうです。


短い期間のトレードにはハイレバが多い

秒単位で値の上がった瞬間の売買を繰り返して利益を出すスキャルピングという方法では、多くの投資かが高いレバレッジをかけると言われています。秒単位で値の動きを読み、多いと何百回も売買を行なうという人もいるそうですが、この売買では決済までに、市場から離れることがないというのが前提になります。一方で、スイングトレードなど長い期間、外貨を保有するものは、急な値動きなどの影響をなるべく大きく受けないように、かけないで投資を行うそうです。

Posted in FX レバレッジ | コメントは受け付けていません。

FXは売ることから開始するトレードもOK

FXでは売買がセットになっている投資で、株式投資と大きく違う点でもあります。他にもレバレッジで証拠金以上のお金を自分で動かすことができるなどもありますが、株式投資と違う点には、高くなっているものを売ることもできるという点があるそうです。


FXの売りから、もっていないのにどう売るの?

FXでは売りから、といってまだ買っていないものを売るということができるので、不思議に感じる人も多いかと思いますが、これは一度通貨を借りて売るというものです。この貸し借りでは、絶対に同じ通貨で返済するというルールがあるので、高く売ってしまって、安くなったときに買う、そして返すことで差額を利益にできます。FXでは売買がセットとなるので、売るだけ、買うだけというトレードはないのです。


株式は買い手市場

株式投資の場合、企業の株を買う、ということが基本です。価値が高くなったら売ることもできますが、もっていない資産は売ることができませんし、欲しい資産があれば、そのお金を集める必要があります。この場合に証拠金以上の金額を動かすこともできません。株式とFXは同じ投資でも、非常に性質やリスクなどが違う投資方法となっているそうです。

Posted in FX レバレッジ | コメントは受け付けていません。

fx口座はデモトレードでお金を動かすコツを知る

FX口座では、デモンストレーション操作を可能としている口座が多くなってきているそうです。これは実際に証拠金をいれた後に、デモンストレーション売買が可能なもので、実際にはお金を一切使わず、トレードだけを体験するものです。マイナスが出ても、この場合には証拠金をけずられることはありません。


FXのレバレッジなども体感できる

ハイレバの規制などで、レバレッジを高くかけられないというイメージなどが先行しているかもしれませんが、実際に10倍になった場合に、どれだけのお金が動くかということを目の当たりにできるというのも、このデモトレードのいいところといわれています。10万円を預けて10倍にした場合には100万円分の通貨が動きます。値動きによっては数分で5円以上の値上り、下がりがある通貨もあるそうです。


トレードに慣れたら本番の投資へ

FXのデモトレードで操作方法や、実際に動いてしまうお金の感覚がわかったら、本番の投資にいつでも移行することができるそうです。ここでは実際に証拠金を利用して、外貨ペアを購入して売買を行ないます。決済やトレード確定までにかかる時間などもなんとなくつかめていれば、売りのタイミングや買いの対三雲逃さずに済みますよね。

Posted in FX レバレッジ | コメントは受け付けていません。

FXでレバレッジ規制、ハイレバでトレードをしたい人は?

FXには証拠金以上のお金をてこの仕組みを応用したレバレッジという方法で投資できることから、最初に必要な元手が少なくていい、ということで、副業として開始する人が非常に増加しているそうです。シストレなども誕生し、気軽に開始できる、トレードに難しい操作がいらないというのも、この増加の理由にありそうですね。


FXでは2011年に規制が施行

FXではこの証拠金以上のトレードというのが非常に大きな魅力だったそうですが、あまりに高いレバレッジをかける、ハイレバでトレードを行った人がおおきな負債を負ったことなどから、規制をかけたそうです。2011年に25倍までと決まり、今、日本の金融庁が管理している会社では、個人投資家は最高でも25倍までしか、利用ができなくなっているそうです。


リスクを知っても、ハイレバでトレードをしたい

なかには個人投資家などで、あえて大きなリスクと承知した上でトレードを行う人もいます。この規制に関しては、日本の会社でできなくなった、というものなので、海外の会社でFX口座を持つという方法でトレードを行う人もいます。また、この規制は個人で投資を行っている人に向けたものとなっていることから、法人口座として開設する方法もあるそうですが、税金なども関係するため、この場合には十分な注意がいるようです。

Posted in FX レバレッジ | コメントは受け付けていません。

FXで損を大きくしないためのリスクヘッジ

FXは、外貨為替の今後の価値を予測して売買を行なう投資です。レバレッジという仕組みから証拠金以上に大きな金額のトレードができるなどの理由から、FXを怖いもの賭け事という認識を行っている人がいるかもしれませんが、世界の情勢などからきちんと予想ができるものです。


FXは証拠金が少なくなるとアラートが出る

FXでは証拠金の一定割合、マイナスとなった場合、マージンコールというアラートが出る仕組みになっています。証拠金を追加で入金することができない場合、FXでは強制ロスカットというシステムが作動、これ以上のマイナスが出ないようにトレードを強制終了させるそうです。しかし、これ以外にもFXでは自分のお金を管理するリスクヘッジがあります。


売買ができない時間はシステムに任せる

長時間、チャートを自分で確認できない場合などにはシストレを併用するのもいいかと思います。シストレでは、自分の売りたい値段や買いたい値段の他、20円分の差が出たら売るなど、差益での売買設定も可能になっているのだそうです。しかし、マージンコールや強制ロスカットも、シストレも、すべてパソコンが行うものです。メンテナンスなどもあるようですから、自分がマメにチャートをチェックして売買することを原則にするといいでしょう。

Posted in FX レバレッジ | コメントは受け付けていません。