レバレッジを制するものはFXを制する

正しいレバレッジを設定することが出来れば、FXで黒字を出すことはそう難しくはありません。
失敗する方の多くは、リスクを軽視して倍率を高くしすぎたことで想定外の赤字になってしまうというパターンが大半です。
ですから、そこにさえ気をつければ取引そのものは学びながら上達していくものです。


・FXで先に覚えるべきは正しいレバレッジ

FXでは、市場の予想よりも、その市場に対応した正しいレバレッジを覚えることが優先されます。
なぜなら、予想は予想に過ぎないので、外れることもあるからです。
それまでの取引が上手くいっていると気が緩みがちです。
次も大丈夫だと思い込んでハイレバレッジで取引をしてしまった時に、予想が大きく外れて大赤字が出てしまう可能性があります。
そうならないためにも、先に覚えるべきなのは市場の状況に応じた正しい倍率なのです。


・ロスカットの判断も身につける

どうしてもハイレバレッジでFXをしたいのであれば、取引を始める前に正しいロスカットの判断が出来るように学んでおきましょう。
ロスカットとは損切りのことで、赤字で取引を終わらせることを言います。
なぜ赤字で終わらせてしまうのかというと、それ以上のマイナスを食い止めるためです。
この判断を早く決断できるかどうかで、どれだけ赤字を減らせるかが決まります。
FXは、どちらかというとコツコツと黒字を出すものなので、この決断が早く出来るようにデモトレードなどで練習しておきましょう。

This entry was posted in FX レバレッジ. Bookmark the permalink.

Comments are closed.