FXで損を大きくしないためのリスクヘッジ

FXは、外貨為替の今後の価値を予測して売買を行なう投資です。レバレッジという仕組みから証拠金以上に大きな金額のトレードができるなどの理由から、FXを怖いもの賭け事という認識を行っている人がいるかもしれませんが、世界の情勢などからきちんと予想ができるものです。


FXは証拠金が少なくなるとアラートが出る

FXでは証拠金の一定割合、マイナスとなった場合、マージンコールというアラートが出る仕組みになっています。証拠金を追加で入金することができない場合、FXでは強制ロスカットというシステムが作動、これ以上のマイナスが出ないようにトレードを強制終了させるそうです。しかし、これ以外にもFXでは自分のお金を管理するリスクヘッジがあります。


売買ができない時間はシステムに任せる

長時間、チャートを自分で確認できない場合などにはシストレを併用するのもいいかと思います。シストレでは、自分の売りたい値段や買いたい値段の他、20円分の差が出たら売るなど、差益での売買設定も可能になっているのだそうです。しかし、マージンコールや強制ロスカットも、シストレも、すべてパソコンが行うものです。メンテナンスなどもあるようですから、自分がマメにチャートをチェックして売買することを原則にするといいでしょう。

This entry was posted in FX レバレッジ. Bookmark the permalink.

Comments are closed.