FXのレバレッジ設定はトレード期間と反比例

FXでは、証拠金が最初は少なくてもトレードができるということから、副業などで開始しやすい投資として親しまれているそうです。これは、証拠金にてこの原理を応用したシステムを適用することで、最大で25倍の金額のトレードができるのです。


FXのトレード期間でレバレッジを決める

レバレッジは2011年に最大で25倍まで、という上限を国が制定しました。それでも25倍というのは10万円が250万円分の外貨を動かせるという数字になりますから、非常に大きいものといえるでしょう。これは利益だけでなく、損が出た場合にも25倍となりますから、トレード期間や自分がFX売買を行なう時間でも、設定は変わるそうです。


短い期間のトレードにはハイレバが多い

秒単位で値の上がった瞬間の売買を繰り返して利益を出すスキャルピングという方法では、多くの投資かが高いレバレッジをかけると言われています。秒単位で値の動きを読み、多いと何百回も売買を行なうという人もいるそうですが、この売買では決済までに、市場から離れることがないというのが前提になります。一方で、スイングトレードなど長い期間、外貨を保有するものは、急な値動きなどの影響をなるべく大きく受けないように、かけないで投資を行うそうです。

This entry was posted in FX レバレッジ. Bookmark the permalink.

Comments are closed.